講師紹介
 すべての人に美しい音楽を伝えたい!   
   
 ただいま講師を募集しております。

応募をご希望される方は
0120-973-867
までご連絡下さい。 


  ピアノ科講師     

 菅原 望 (Nozomu Sugawara)

ショパン国際ピアノコンクールin Asia銀賞、全東北ピアノコンクール第2位、ピティナピアノコンペティション特級グランプリ、ならびに文部科学大臣賞など、複数の副賞を受賞。仙台フィル、芸大フィルハーモニア、東京フィルハーモニー交響楽団など国内外のオーケストラと共演。
常盤木学園高等学校、東京藝術大学、同大学院、ハンガリー国立リスト・フェレンツ音楽院One year Piano Soloist Course卒業。

 

東京音楽大学ピアノ科を卒業後、イタリア国立フィレンツェ音楽院に留学。
サンタキアーラ国際アカデミーマスタークラスに参加し出演。
帰国後ピアノ指導及び、コンサートに出演。
音楽学院カスピアにおいて、ヤマハグレード5級(演奏・初見・即興)合格者の指導実績有り。

 高橋 由里子 (Yuriko Takahashi)

クラシックコンクールにて本線出場。日本ピアノ教育連盟オーディションにて高校生の部全国大会出場。東北ショパン学生コンクール本選銅賞。ガーシュインのラプソディ・インブルーを共演。宮城学院女子大学音楽科コンサートにてショパンのピアノコンチェルトを共演。同大学卒業演奏会出演。日本ショパン協会新人演奏会出演。

 大岩 千華 (Chika Oiwa)

宮城学院女子大学、同大学音楽科研究生終了。終了リサイタル開催。オーストリア・ザルツブルク夏期国際アカデミー参加。ポーランドシレジアフィルハーモニー管弦楽団とチャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番を共演。現在、仙台オペラ協会ピアニスト。宮城学院女子大学音楽リエゾンセンター認定演奏員及び授業運営補助員。文化庁芸術家派遣事業、宮城県文化振興財団によるアウトソーサー事業に参加。

 千葉 容子 (Hiroko Chiba)

国立音楽大学教育音楽学科第T類卒業。卒業後、県立支援学校高等学校教諭として勤務。在学中よりソロ、アンサンブル、伴奏等で各種コンサートに出演。現在は後進の指導を共に、アンサンブル等での演奏活動を行っている。黒河メソッド研究会、Miyoshi Net(三善晃ピアノメソードの会)の各会員。


  声楽科講師    


札幌大谷短期大学音楽科声楽コース卒業。同大学専攻科卒業。札幌、東京、都内付近にてドイツ歌曲中心に演奏活動を行っている。その他、施設での童謡コンサート等、ボランティア活動にも積極的に参加している。これまでに青木恵美子、吉川順子、松井康司、川村英司の各司に師事。
ムズィーク・トロイメ、北海道フーゴー・ヴォルフ教会、仙台オペラ協会各会員。

 岩瀬 りゅう子 (Ryuko Iwase)

「こうもり」アデーレ、「フィガロの結婚」スザンナ・伯爵夫人、「魔法の笛」バミーナ、「ラ・ポエーム」ミミ、「修道女アンジェリカ」アンジェリカ等。「第九」やバッハのカンタータのソロ、各種演奏会多数出演。

 千葉 紗綾 (Saaya Chiba)

宮城学院女子大学音楽科・声楽科卒業。YAMAHA指導グレードの合格を目指している生徒さんに楽典や聴音・ソルフェージュなどの指導をしています。
歌のレッスンでは小さなお子さんから年長、小学生、大人の方まで幅広い年齢層の生徒さんと様々なジャンルの曲を歌っております。
発声法、呼吸法を学び、素敵な歌声が出るよう楽しくレッスンを行っております。


 ヴァイオリン科講師

 若生 胡桃 (Kurumi Wako)

常盤木学園高等学校音楽科をヴァイオリンで卒業。
宮城学院女子大学在中より(山形交響楽団チェロ奏者、渡邊研多郎氏率いる)虹色のシンフォニープロジェクトメンバーとして、また弦楽四重奏等で被災地の小学校へ訪問演奏や子供達との共演など精力的に活動している。


PageTop